・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Microsoft、5月の月例更新は深刻度が最大のセキュリティ情報が7件

 

公開したセキュリティ情報の数は7件で、いずれも遠隔コード実行の問題に対応したものだ。また、深刻度は7件とも最大の「緊急」となっている。

『Microsoft Office』が対象のセキュリティ情報は3件あり、新たに見つかった7件の脆弱性に対応した。これら脆弱性の悪用により、影響を受けるシステムの制御を完全に奪われるおそれがある。

具体的には

、『Microsoft Excel』の BIFF レコード、フォント設定、およびフィルタレコードの脆弱性に対応した「MS07-023」、そして『Microsoft Word』が持つ配列オーバーフロー、ドキュメントのストリーム、RTF 解析の脆弱性を修正した「MS07-024」と、Office 共通の描画オブジェクトの脆弱性に対応した「MS07-025」だ。

深刻度7って・・・・

素人には手におえませんが・・・・

そして、脆弱性・・

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000007-inet-inet

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。