Vista 団塊の世代に人気・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vista 団塊の世代に人気


(・∀・)ほう

団塊の世代に人気ですか。

私はまだ買おうという気にはなれませんが

投資信託の、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に続く投資先としてベトナムやフィリピン、オーストラリア、南アフリカが注目されている。販売競争も過熱ぎみで、BRICsに続く新たな投資先として、投信運用会社や、投信を販売する証券会社や銀行等の期待も大きいようだ。

50歳から60歳、団塊世代に人気

   ベトナムやフィリピンなどの新興国投信に注目し、07年4月からアジア関連投信の取り扱いをそれまでの8本から31本に増やした岡三証券は、「ちょっとしたブームではありますね。50歳から60歳、団塊世代に人気です」と話す。ただ、「商品の売れ行きはいいんですが、まだこれからの商品です。現状では環太平洋というか、オセアニアを含めた地域の商品が好調です」。

   投資信託協会の「通貨(国)別資産運用状況」によると、07年3月末のBRICsの純資産はブラジルが1,061億円、ロシア21億円、インド3,749億円、中国1,206億円。純資産の多いアジア・オセアニア国は、オーストラリアが3兆2,205億円。次いで、香港1兆2,165億円、ニュージーランド5,782億円、シンガポール2,871億円、台湾2,151億円と続いている。
   フィリピンの純資産は127億円、ベトナムは3月末の統計にはあがってこないが、アジアでいえば、マレーシアが630億円、タイ399億円、インドネシア308億円となっていて、「増加傾向にあります」(協会関係者)としている。

4月末から5月末にかけて5本の新興国投信が設定

   3月末、JPモルガン・アセットは「VISTA5・ファンド」を投入した。「VISTA」とは、ベトナム(V)、インドネシア(I)、南アフリカ(S)、トルコ(T)、アルゼンチン(A)のこと。純資産残高で南アフリカはすでに863億円もあり、トルコも334億円。アルゼンチン23億円でもBRICsの一角であるロシアを上回る。

   2007年4月20日付の日本経済新聞は「新興国投信 広がる投資先」の見出しで、ベトナムやフィリピンの株式に投資する投資信託が続々登場していると報じた。先行する外資系運用会社に、興銀第一ライフや野村アセットなどの国内勢が参戦し、4月末から5月末にかけて5本の新興国投信が設定される、という。
   「日本株では儲からない」と、海外に目を向ける個人投資家が増えて、今後は販売もさらに熱を帯びてきそうだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/3141779/
スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。