新たなスパムの手口・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなスパムの手口


「ボリス・エリツィンは生きている」――。ロシア前大統領死去のニュースに付け入り、こんなタイトルでユーザーの注意を引こうとするスパムが急増している。同国のセキュリティ企業Kaspersky Labが4月26日、ブログで伝えた。

 Kasperskyによれば、メール本文は翻訳すると、「エリツィンは棺の中で目を覚ました。エリツィンは死んではいない。昏睡状態に陥ったのだ」などの内容が書かれている。続いてリンクが記載され、クリックして先を読むよう促している。

 著名人の死去や大きな事件、災害など、世間の関心が高い時事ニュースに便乗するのはスパムメールの常套手段。こうしたメールに記載されたリンクをクリックすると、悪質サイトに誘導されるケースが多い。

 ただ、エリツィンスパムでは、リンクをクリックしてもマルウェアにはつながらないという。リンク先はユーザーが医師に質問できる掲示板サイトになっており、同サイトには騙されたユーザーから怒りのコメントが多数投稿されているという。

なんだかな~いろんなことを考えるね。

本当に自分で注意しないととんでもないことになる

このネット社会。

エリツィンには注意だそうです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070427-00000034-zdn_ep-sci

 

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。