ソフトバンク ホワイトプランについて・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトバンク ホワイトプランについて


■結局「ホワイトプラン」+「新スーパーボーナス」で月980円だけなのか?

まず、他社やパソコン宛にメールを送ったり、ウェブ(Yahoo!ケータイなど)を利用するには「S!ベーシックパック」の契約が必要で、月額315円がかかります。しかも、特に申し込みなどの必要はなく、端末にある「Yahoo!ボタン」を押すとYahoo!ケータイにアクセスし、自動的に適用されてしまいます。

次に、2007年4月から紙の請求書を送付してもらうと、月額105円がかかります。他社では、無料で紙の請求書を止め、Webで確認のみとすると割引されるといった仕組みなので、注意が必要です。

新スーパーボーナスを利用した場合には、各オプションについても注意が必要です。無料期間のあるオプションのうち「スーパー安心パック」は、無料期間が終わると自動で月額498円が課金されるようになります。無料期間の間にきちんと解除しておけば、課金されることはないので、サービス内容を吟味し、必要なければ各オプションは解除しておきましょう。

このようにいくつか月980円で利用するには注意が必要になります。また、当たり前かもしれませんが、この他にもパケットし放題などの各オプションをつければ、月額利用料は上がっていきます。

■ホワイトプランおよび新スーパーボーナスの効果は?

毎月の契約者純増数やMNP利用者数を見てみると、2006年11月度より純増数は増えており、ホワイトプランおよび新スーパーボーナス(こちらは同時に開始したゴールドプランなどの効果も含まれる)の効果があったと見ていいでしょう。これがソフトバンクが予想していたほどの効果かどうかはわかりませんが、これらを導入する前は、業界4位であるウィルコムにも純増数で劣っていたので、新しい施策は一定の評価を得ているのでしょう。

ただし、MNP利用者数では毎月流出のほうが多いのも事実です。既存ユーザーがトータルのサービス内容やイメージによってauに流れているといったところでしょうか。このあたりは、ソフトバンクという会社そのもののイメージや既存サービスをあっさりと廃止したり、ゴールドプランにおけるサービス内容をコロコロ変える方針などといった資質そのものが評価されているケースも多いように思われます。もちろん、他にも3Gに移行する上で、サービスエリアが広いといわれているのがauだったりするといったこともあるのでしょうが、今後の課題といったところです。

■依然として"パケット料"は高いまま、パソコンとの接続によるトラブルも発生

そして、もうひとつ触れておきたいのはパケット料金についてでしょう。ホワイトプランに付けられるパケット割引オプションは「パケットし放題」となります。月額オプション料が1,020円からはじまる、段階性のパケット定額サービスで、上限金額は4,410円です。フルブラウザ「PCサイトブラウザ」を利用した場合には、上限が5,985円に、X01HTなどのスマートフォンにより「PCサイトダイレクト」を利用した場合には、上限が10,290円に上がります。

このパケット定額サービスは、NTTドコモ「パケ・ホーダイ」やau「ダブル定額ライト」などと比較するとほぼ横一線の料金設定となっています。もちろん、月額基本料が安くなったことやソフトバンク同士のメールは3Gでは含めないというあたりで、トータルでは安くなるでしょう。

また、最近では、パケット定額オプションに加入しているからといって、パソコンに接続して、モデムとして利用するといったことまで定額だと勘違いして、多額請求されたというケースが話題となっています。イーモバイルが2007年3月31日に携帯電話サービスに新規参入し、パソコンでの接続も月額5,980円(一部料金プランでは4,980円)で定額で利用できるようになりました。NTTドコモもパソコンでの定額サービスを導入することを表明しています。

ケータイの利用用途は通話からメールやウェブに移行してきています。ソフトバンクも3.5GとなるHSDPAを導入しましたし、パケット料金についても"予想外"と言えるほどの施策が欲しいところです。



■これもオススメ!モバイルニュース
・二つのアンテナで感度アップ!どこでもワンセグ放送を楽しめるパナソニック「P903iTV」
・国境を越えはじめた通信サービス!日本以外の世界が繋がる「国際ローミング」の新しい潮流
・モバイル天国のスタート!ブロードバンドが持ち歩ける「EM・ONE」レポート
・新触感!au design project 第6弾を飾る「MEDIA SKIN」
・日本は追いつけない?海外の市場の強さは"中古ケータイ市場"にあり


■ソフトバンクモバイル
■ホワイトプラン

memn0ck(めむのっく)
ケータイ・モバイルライター。個人ニュースサイト「memn0ck(http://memn0ck.com/)」にて、日夜、携帯電話から無線LANサービスまでのモバイルデータ通信サービスについてのニュースを追っている。日常は白衣を着た理系野郎。1976年東京生まれ。著書に「W-ZERO3 [es] パワーナビゲーター」(技術評論社)などがある。

Copyright 2007 livedoor. All rights reserved.

結局のところ、やっぱりパケット代が高いままというのは

チョット考え物ですよね。

トラブルもあるようですし、

本当に最近はいろんなサービスがありすぎて、

説明を読んでもなかなか理解し切れません。

店頭で直接一番安いプランを聞くのが

良いんでしょうかね?

 

その人にあったサービスが手っ取り早く

わかる方法ってないものなんでしょうか?
http://news.livedoor.com/article/detail/3136336/?p=2

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。