セカンドライフのカジノは違法?・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドライフのカジノは違法?


!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

近々日本語版が出るのではないかという話が出ている矢先に

専門家からこんな意見が出ているとは・・・・

世界的に大ヒットしているPC用オンラインゲーム「セカンドライフ」で、日本のユーザーがゲーム内で開かれているギャンブルに参加した場合、違法になる可能性があることが専門家の指摘で明らかになった。

 指摘は、セカンドライフの研究者で、三淵啓自・デジタルハリウッド大大学院教授がこのほど開かれた日本デジタルゲーム学会の報告会で行ったもの。

 セカンドライフは、米リンデンラボ社が提供する多人数接続型オンライン(MMO)RPG。世界で450万人が登録している。プレーヤーは、バーチャルランドと呼ばれる仮想空間の住人となって、冒険やショッピング、ギャンブルや映画などの娯楽、施設の建設など現実空間と同様の生活が可能。日産やインテルなど大手メーカーがゲーム内で広告活動を展開したり、ユーザー同士でゲーム内のアイテムや「不動産」の売買なども行われている。

 三淵教授は、ゲーム内通貨が米ドルに換金できることを挙げ、日本からアクセスしてゲーム内のカジノを利用した場合、賭博行為に当たる可能性があると指摘した。今後、「ログイン」した場所が問題になると予測している。

 また、米国ではゲーム内でプレーヤー自身が世界を作り、そこにビジネスチャンスがあることに注目されていることについて、「誰でも儲けられるとは思わない方がいい。ゲームでお金を稼ぐのは思ったより大変。現実で稼いだお金でゲームを楽しむほうが現実的」と話した。また、「現実ではグランドキャニオンに行った後、『大きかった』と友人に伝えても実感してもらえない。でも、セカンドライフなら、一緒にその場所に行って、プレーヤーのいる空間を越えてその感覚を共有でき、これまでにないコミュニケーションを可能にする」とゲームの魅力も紹介した。【茂内克彦/フリーライター】

【関連記事】 セカンドライフ:初の日本語ガイド出版 「AKIBA」や国家機関まで紹介
【関連記事】 BBA:「セカンドライフ」通じ米国から講演 仮想空間の実用性を紹介
【関連記事】 ジークレスト:注目のオンラインゲーム内プロモーション「アットゲームズ」で開始
【関連記事】 シリアスゲーム:がん治療や米軍のリクルートにも 研究者の藤本さんが最新事例紹介
【関連記事】 オンラインゲーム:市場急拡大、アイテム課金で加速


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070424-00000001-maia-game

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。