ウィルコム ZWRO3に新機種・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルコム ZWRO3に新機種


もう、ウィルコムのZERO3に早くも新機種ですか・・早すぎます。。

ついていけませんw

 

ウィルコムが6月6日に発表したW-ZERO3シリーズの最新モデルAdvanced/W-ZERO3[es]は、すでに新日本石油グループの新日石トレーディングが導入を決め、ビジネス端末としての展開が始まった。Advancedは、Windows Mobile 6を搭載する最新のOS環境ながら、すでにビジネス端末として利用することできる対応製品が登場している。

【他の画像が掲載された記事】

●10万円近いコスト削減

 マーステクノサイエンスは、流通や医療業界向けにRFIDのハンディリーダ/ライタ「HRI-1200」シリーズを開発した。HRI-1200シリーズは、Advancedおよび旧[es](W007SH)にミニUSBまたはBluetoothで接続する。

 本体にはバッテリも内蔵され、電源の取り回しが難しい環境でも長時間駆動を実現する。荷品に添付したRFIDタグの情報を、PHS回線やAdvancedであれば無線LANも利用してリアルタイム処理できるメリットがある。HRI-1200シリーズは、7月下旬の発売を予定する。

 アイメックスは、Bluetooth対応のバーコードスキャナ「BR430BT」を発表した。同機は携帯電話やPDAなどの一部機種でも利用でき、アイ・ビー・エス・ジャパン製などのBluetoothアダプタと接続したAdvancedにも対応する。同社ではAdvancedとの対応により、流通や小売業界での利用を目指すという。

 2社ともスマートフォン端末を利用することで、1台当たりの端末コストが業務用ハンディターミナルよりも10万円近く削減できると説明する。ただし、スマートフォンは防滴や耐衝撃性に難点があるため、屋外での使用の多い物流業界などへ展開するには課題が残るという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000024-zdn_ep-sci 

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。