携帯電話夏商戦 どこがいいかな?・パソコン・デスクトップ・ノートパソコン比較やネット・モバイル・携帯などのIT関連のニュースをとりあげます

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯電話夏商戦 どこがいいかな?


いろんな会社が、夏モデルをガンガン出してきています。

ワンセグのソフトバンクにするのか?

それとも、反撃が楽しみのドコモ?

詳しくはこちら

KDDI(au)とソフトバンク・モバイルは22日、夏商戦向けの携帯電話を発表した。両社とも利用者重視の姿勢を前面に出し、サービス重視から、自分らしさを実現する「デザイン」や「ワンセグ」という共通点を打ち出した。これに対し、一足先に夏モデルを発表したNTTドコモはサービス重視で、ワンセグも1機種のみと路線の違いが出た。夏商戦を制するのは、昨秋の番号ポータビリティー(番号継続制度)導入後、勢いづくau、ソフトバンクか、それとも「反撃」を宣言したドコモか。(上野嘉之)

 ≪自分好みに≫

 「これまで新機能やサービスでわくわく感を提供してきたが、今回からはライフスタイルを支援、創造する存在になる」。KDDIの高橋誠執行役員は、新機種の基本概念をこう説明した。

 
 「ウォークマン携帯」のように「専用機器に電話がついた」と好評を博した機種では、カシオのデジタルカメラと融合した「エクシリム・ケータイ」を追加投入。au以外のブランドで幅広い利用者にアピールする作戦で、今回はこの手法をさらに広げ、42種類のファッションブランドとも連携させた。

 ソフトバンクも「スタイル」をキャッチコピーに、ワンセグ3機種を含む12機種を投入。孫正義社長は「ライフスタイルに最も合ったスタイルをユーザー1人1人が決める」と、au同様に利用者重視を訴えた。

 その典型が、外装パネルやイルミネーションの点滅パターンなどを2億4000万通りも組み合わせられる機種で、自分だけの携帯を簡単に作ることができる。人気キャラクターの「ハローキティ」と「スヌーピー」の外装も用意。デザイン面で自分スタイルを追求できるモデルをそろえた。

 ≪主流も変化?≫

 カメラ、音楽プレーヤーなど当初は「不要」といわれた機能だが、ワンセグもそのひとつ。使い方もビジネスモデルも確立していないためで、数千円の端末コストアップに見合うかどうか、懐疑的な見方は根強い。

 しかし、auの調査では23%がワンセグを購入の決め手と回答し、デザインの21%を上回った。このため、au、ソフトバンクはワンセグに力を入れたが、ドコモは1機種のみ。「需要が読み切れず、端末コストも高くなる」(ドコモ)ことが理由だが、「流れとしてはワンセグ搭載が増えていくのかな…」と、その判断は揺れている。

 需要予測には端末価格も影響しそうだ。ドコモの「904i」シリーズは新規加入で3万円台。これに対し、auのワンセグは1万円台後半と価格競争力がある。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070523-00000018-san-bus_all

スポンサーサイト
Copyright © パソコン・ネット・モバイル・携帯の話題比較 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。